くりっぷまんがvol.4 ちょっとちょっと!

夏休み中も家庭や地域で「食・遊・読」を実践しましょう。 夏休みは子どもたちに規則正しい生活習慣や学習習慣を身に付けさせる絶好の機会です。充実した毎日を過すことができるよう、「食・遊・読」の実践を通し、家庭や地域みんなで子どもたちを育てる環境をつくりましょう。

子どもの学力向上のためにも、家庭の役割は重要です。家庭では、次の点を心がけましょう。
基本的な生活習慣の定着
起床・就寝や食事など、毎日規則正しい生活を心がけ、テレビを見る時間などのルールを家庭で決めましょう。
社会の出来事に関心をもたせる
世の中のいろいろな出来事に関心をもたせるようにし、学校や地域での出来事についても、家庭で話すようにしましょう。
家庭学習の習慣化
1日に勉強する時間を親子で決めて実行し、宿題以外にも、授業の予習や復習に取り組めるよう努力しましょう。
思いやりとねばり強さを育てる
人の気持ちを思いやることの大切さを伝え、ものごとを最後までやりとげる喜びが味わえるような経験をさせましょう。
そのためには
例ちょっと早起きをして
落ち着いてしっかり朝食を食べ、元気に1日をスタートさせましょう。
例ちょっとテレビを消して
テレビを見たりゲームをしたりする時間について家族で話し合いましょう。
例ちょっと時間をとって
子どもと楽しく話せる雰囲気や、親子で読書や体験をする時間を作りましょう。